【自己評価結果公表シート】
作成 : 釧路桜幼稚園
 
 
 
1、本園の教育目標
 「つよく、ただしく、げんきに」をねらいとし、遊びを通じて一人ひとりが成長していくことができるようにしていく。また、集団の中で友達を意識し、友達を受け入れていくことができ、友達と一緒に遊びを進めていくことができるように、配慮していく。いろいろな経験をしていくことをねらいに一斉保育を行うが、遊びの中に自ら参加してくることが出来る環境を大切にした保育を目指していく。
 
 
 
2、本年度重点的に取り組む目標・計画
 幼稚園教育要領が改訂された事を踏まえて、幼稚園の教育課程の内容を再確認し、教職員の共通理解を図り、教育の質を高めると共に、保護者のニーズを確認する事で本園としての中・長期のビジョンを明確化し、、幼稚園が今後担う役割について検討する。
 
 
 
3、評価項目の達成および、取り組み状況
評価項目 取り組み状況
幼稚園の教育課程の編成・実施に関して、
教職員間の共通理解をはかる。
新幼稚園教育要領の理解を全教職員で、積極的に推進し、それを現実の保育に添わせるように、具体的な場面について話し合いを行っている。
   
幼稚園の状況をふまえて、中・長期的なビジョンと計画を策定する。 新教育要領にも示されているように、幼稚園に求められる社会的なニーズも変化してきている。こうした背景を踏まえて、本園がこれから長期的にどのようなニーズにこたえる必要があるか、具体的に検討を始めている。
   
教育の質の向上のために、園内研修を充実させる。 幼児の発達の姿をとらえるための研修を定期的に実施すると共に、日々の子どもの姿について話し合う機会を毎日の職員会議でもつくるようにし、自由に意見が開示できる環境をつくっている。
 
保育者のニーズの把握に努め、要望や苦情に適切な対応をはかる。 保護者との懇談会を実施すると共に、行事などについてアンケートを実施している。出された意見に対して、必要なものについては園の考え方を示し、改善すべきものは改善するよう取り組んでいる。
 
 
 
4、学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果
取り組むべき課題について、全教職員が共通に理解し、それぞれ自己評価し、取り組み状況を話し合う事を通じて本園としての方針を明確にする事ができ、それを実践することが出来た。
 
 
 
5、今後取り組むべき課題
課題 具体的な取り組み方法
安全管理 不審者情報が市教育員会や警察から随時提供されるようになってきたが、それに対する園での対応が十分ではないので、施設面での対応と、教職員の意識付け、ならびに危機管理マニュアルの作成を行いたい。
特別支援教育 幼児に対応した個別の指導計画の作成を検討すると共に医療・福祉の関係機関との連携をどのようにするかを検討したい。
園に対する保護者の満足度の把握 建学の精神に則った、私学の独自性に充分配慮しつつ、子育て中の保護者が期待する幼稚園像を把握し、現代社会において求められる幼稚園の姿を確認することで本園のビジョンを策定する基礎としたい。
 
 
 
6、学校関係者の評価
特に指摘すべき事項はなく、妥当であると認められる。
 
  
  
7、財務状況
公認会計士監査により、適正に運営されていると認められている。